日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 表/横山上野大掾藤原祐定 裏/備州長船住人  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  表/横山上野大掾藤原祐定 裏/備州長船住人  ¤  上作  ¤ 

表/横山上野大掾藤原祐定 裏/備州長船住人

Wakizashi /
Omote / Yokoyama kozuke daijo fujiwara Sukesada
Ura / Bishu osafune junin

長さ / cutting edge
42.0cm
反り / sori
1.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.05cm
先幅
2.3cm
元重
0.6cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo(1661)
備前(岡山県)
country
bizen
刃文
丁子乱れ
hamon
choji midare
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂一分刻鞘金工拵・白鞘
mounting
kosirae &shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

新刀祐定と呼ばれる江戸期に入ってからの長船鍛冶は、それまでの作柄をガラリと変えて大阪新刀風の詰んだ地鉄が主体。その中で横山上野大掾は安定感のある造りを見せ、この時代の備前を代表する名工。本作は頃合いの脇差で、匂口深く沸の厚い丁子乱れ刃文を焼き、見ての通り大胆で華やかな出来。小板目肌は詰み、小さめの帽子は小丸に返って焼きも深い。茎は生ぶで勝って下がりの鑢目も残り、掟通り表裏に鏨を入れている。拵も上等なものがつき、貴重な一分刻み鞘は時代色ついた黒呂色。縁頭・目貫・小柄は赤銅七々子地の源平合戦図で揃え、赤銅覆輪が施された鐔は藻柄子風の武者絵と格好が良い。高級な金具で誂えて、拵だけでも相当な価値がある。時代の金着はばきは一部剥落しているが、鑢目など上手で素性がよい。上作。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・武者図金工拵 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・刀身全体 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・茎 表 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・茎 裏 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・ハバキ元 表 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・ハバキ元 裏 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・切先 表 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・切先 裏 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・丁子乱れ刃文 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・小板目肌 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・刀身 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・柄前 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・柄前 小柄 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・刀装具 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・那須与一(扇の的)小柄 日本刀・画像・横山上野大掾藤原祐定・白鞘

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫