" 日本刀・備前長船横山潜龍士祐定 |日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > /備前長船横山潜龍士祐定

日本刀・刀・備前長船横山潜龍士祐定 - Japanese Sword Sukesada -  »Mail

表銘/備前長船横山潜龍士祐定 裏銘/大正七年二月

katana Bizen osafune Yokoyama Senryushi Sukesada

長さ
65.7cm
反り
1.6cm
目釘穴
2個
元幅
2.8m
先幅
1.9cm
元重
0.65cm
時代
大正七年(1918年)
備前(岡山県)
刃文
丁子
地鉄
小板目
帽子
小丸
生ぶ
はばき
銀鍍金
外装
白鞘
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

備前長船と言えば真っ先に思い出す祐定の名。室町時代には繁栄を極め、作刀数もかなりの数に上る。吉井川の氾濫により数十年祐定の名は途絶えるが、上野大掾祐定により復活する。本作は「最後の祐定」と呼ばれる潜龍士祐定。廃刀令による悲運で当然の如く作刀数は少ない。小板目肌よく詰み、細かな丁子刃文は匂口締まって明るい。幕末の祐包などと比べると派手さは抑えて、スラリとした体配で落ち着いた印象。研ぎ上がり、傷欠点のない健全な状態。保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る