HOME > 日本刀一覧 > 脇差 / 粟田口近江守忠綱

日本刀・脇差・粟田口近江守忠綱 (一竿子忠綱)- Tadatsuna -

銘/粟田口近江守忠綱 

Wakizashi / Awataguchi omi no kami Tadatsuna

長さ
54.8cm
length
反り
0.9cm
sori
目釘穴
2個
mekugi
元幅
3.0cm
先幅
2.2cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 天和頃(1681年)
period
early edo (1681)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
互の目丁子 (蛙子丁子)
hamon
gunome choji (kawazuko choji)
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重 (北斗七星の彫物)
habaki
gold foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

華やかな乱れ刃文を得意とする粟田口忠綱。初代も出来優れる上作ながら、本作二代は一竿子と呼ばれ上々作・良業物で初代を上回る。津田助広や井上真改と共に大阪新刀を代表する一人。 一尺八寸と長寸で見どころ多く、身幅重ねもしっかりとした長脇差。短い直刃で始まる大阪焼出しの後、互の目丁子刃文は蛙子丁子などの華やかな動きで盛り上げ、高低差もあって如何にもな風情。帽子は小丸で返り、地鉄は疵気のない詰んだ小板目肌で、大阪物らしい清涼な鉄。堂々とした銘振りは天和頃の作と思われ、錆色良好で大筋違の鑢目もしっかりと残る。研ぎ上げたばかりで手を加える必要はなく、金着一重の古ハバキはひしゃく星を彫った粋なもの。保存刀剣鑑定書附。


tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna tadatsuna


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る