日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱)  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱)  ¤  Awataguchi Tadatsuna(Ikkanshi Tadatsuna)  ¤

表銘/粟田口近江守忠綱 裏銘/浅井氏

Wakizashi / Omote / Awataguchi ominokami Tadatsuna : Ura / Asai shi

長さ / cutting edge
59.1cm
反り / sori
1.4cm
目釘穴 / mekugi
2中1埋
元幅
3.2cm
先幅
2.4cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 天和頃(1681年)
period
early edo (1681)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着せ一重
habaki
silver foil single
外装
黒刻鞘突兵拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
sold

脇差ながら2尺近い長さで、身幅重ねもたっぷりとした健全な一振。本作、二代忠綱は初代を上回る上々作・良業物で大阪新刀を代表する一人。一竿子銘を名乗るのは元禄以降の作で、本作は銘振りから天和頃の造りとわかる。直ぐの焼出しから始まって互の目丁子を焼き、一竿子らしい細かい乱れ刃はとても華やか。帽子は焼き高い小丸で、良く詰んだ小板目肌も疵気なく健全。刀と共に拵も立派で、柄前はシボ皮に茶漆を塗り、鞘は黒呂刻みで、よく見るとその刻みは七・五・三段と切り分けて洒落ている。縁頭・小尻は銀地荒波図、目貫は桐紋、鉄鍔には荒波を泳ぐ鯱(シャチホコ)が描かれて総体的に良くまとまり、そしてまた十分に豪華。刀身・拵ともに安心してお勧め出来る。特別保存刀剣鑑定書附。

粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱) 粟田口近江守忠綱(一竿子忠綱)

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る