HOME > 日本刀一覧 > /肥前国忠吉

日本刀・刀・肥前国忠吉 - Hizen koku Tadayoshi - 

銘/肥前国忠吉 

Katana / Hizen koku Tadayoshi

長さ
70.0cm
length
反り
2.6cm
sori
目釘穴
1個
mekugi
元幅
3.1cm
先幅
2.2cm
元重
0.7cm
時代
江戸後期 弘化頃(1844年)
period
late edo (1844)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
直刃
hamon
sugu ha
地鉄
小杢目
jigane
ko mokume
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold

肥前刀と言えば真っ先に思い浮かべるのが肥前国忠吉。佐賀城主・鍋島勝茂に見込まれ、鍋島藩工として肥前刀の礎を築いたのが初代忠吉。垢抜けた地刃と整った姿で、瞬く間に全国にその名を馳せている。本作は同家八代目で、先代の教えを守った名工。定寸で反り深く、身幅もたっぷりとして美しい姿。小杢目肌(小糠肌)が良く詰んで地景入り、肥前地鉄と呼ばれる上品な鍛えはさすが。小沸が叢なく付いた広直刃は刃中明るく、物打ち付近は小足のような淡い葉が点々と働いて見どころ多い。帽子は中切先が延び、小丸で焼き深く健全。八代忠吉の中でも抜きん出た一振で、自信を持ってお薦め出来る。特別保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る