" 日本刀・藤島友重 |日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > /藤嶋友重

日本刀・刀・藤嶋友重 - Japanese Sword TOMOSHIGE -

銘/藤嶋友重

Signature / Fujishima Tomoshige

長さ
71.3cm
反り
1.6cm
目釘穴
1個
元幅
3.2cm
先幅
2.5cm
元重
0.7cm
時代
江戸後期 元治頃(1864年)
加賀(石川県)
刃文
丁子に湾れ交じり
地鉄
板目
帽子
小丸
生ぶ
はばき
金鍍金一重
外装
黒横目叩き塗り鞘打刀拵・白鞘
鑑定
財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

現存する藤島は室町初期から始まる。室町後期頃は特に繁栄し、その後は江戸後期まで脈々と続いた刀工群。元々は山城の来一派が移住し鍛刀を始めたため、京風の地刃が垣間見られる。本作も鍛えの良い、健全無垢な一振。研ぎ減りなく平肉もたっぷりと付き、鍛えの良い板目肌。焼き幅広い刃文は湾れに乱れた丁子が交じって、比較的穏やかな風情。二重刃や金筋などの働きも見られ、一時代古そうな印象を受ける。切先が大きめで先幅が広く、豪壮な新々刀ならではの安心感がある。この刀の見所の一つでもある健全な彫物は、櫃内彫りの剣巻龍が立派で、裏には素剣と大日如来の梵字を掻く。拵も同時代のもので、黒横目叩き塗り鞘は青貝が散らされ、多少補修跡もあるが現代の鞘とは比べものにならない味がある。縁頭と小尻は一作の鼓図。鍔は鉄地に金象嵌で龍が描かれる。是非見て頂きたい優刀。保存刀剣鑑定書附。


過去に掲載された日本刀一覧へ戻る


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る