" 日本刀・加藤長運斎綱俊 |日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > /加藤長運斎綱俊

日本刀・刀・加藤長運斎綱俊 - Japanese Sword TSUNATOSHI -

表銘/於東都加藤長運斎綱俊 裏銘/天保八年二月日

Signature / Oite toto kato chounsai Tsunatoshi

長さ
70.4cm
反り
1.8cm
目釘穴
1個
元幅
3.15cm
先幅
2.3cm
元重
0.75cm
時代
新々刀 天保八年(1838年)
武蔵(東京都)・本国羽州米沢
刃文
互の目丁子乱れ
地鉄
小板目
帽子
乱れ込んで小丸
生ぶ
はばき
赤銅一重
外装
上白鞘(高山武士氏鞘書)
鑑定
藤代鑑定書附
正価
売却済

出羽米沢藩主上杉家の藩工から、後に江戸麻布の上杉家屋敷内にて文久三年まで鍛刀を続けた。水心子正秀門の綱俊は当然のように備前伝を得意として、正秀と同じ復古刀の研究を進め、一門もまた江戸の有力刀工群。同派には幕末の運寿是一などが有名。本作、江戸に於いて最も脂の乗った四十歳の作。備前伝の互の目丁子乱れは小沸出来で、淡く長い足が無数に働いて刃中極めて明るい。小板目肌の澄んだ地鉄は平肉がたっぷりと付き、掟通り所々大板目交じり。鍛え肌に添って地景が太く働き、綺麗な鉄に古色感を与えている。帽子は乱れ込んで小丸に返り、やや大きめの中切先。身幅重ねたっぷりと取った、健全な姿は上作刀工らしい体配を見せつけている。茎はもちろん生ぶで、太いタガネを堂々と切り付け裏には天保年号。化粧鑢目立ち、新々刀らしい長めの茎仕立ては、ズシリとくる豪刀を支えるに不安はない。上白鞘に鞘書にて極められ、刀剣研究家、解粉塾主幹・高山武士氏は東京都刀剣登録審査を務めた鑑定家。氏の鞘書は数が少なく大変稀少で、日付は平成八年十一月。新々刀名工の作をお探しであれば、見て損のない出来映え。古研ぎ上がり、赤銅一重ハバキは刃方・棟方を金色仕上げとした上品なものが付く。藤代鑑定書附。


過去に掲載された日本刀一覧へ戻る


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る