" 日本刀・長運斎綱俊(脇差) |日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > 脇差/加藤綱俊造之 (長運斎綱俊)

日本刀・脇差・加藤綱俊造之 (長運斎綱俊) - Japanese Sword TSUNATOSHI -

表銘/加藤綱俊造之 裏銘/文化十一年二月日

Signature / Kato Tsunatoshi koreo tsukuru

長さ
39.4cm
反り
1.1cm
目釘穴
1個
元幅
2.7cm
先幅
2.2cm
元重
0.7cm
時代
新々刀 文化十一年(1814年)
奥州米沢(山形県)→ 武蔵(東京都)
刃文
濤瀾刃風の乱れ刃文
地鉄
小板目
帽子
小丸
生ぶ
はばき
金着一重
外装
赤銅七々子地鶴図一作拵・白鞘
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

刀身を見ても、拵を見ても唸るほどの良い出来。加藤綱俊は初代、長運斎綱俊の初期銘で、当時は備前伝の第一人者と呼ばれ、また、津田助廣の濤瀾刃を写して名を馳せる。水心子正秀門に於いて、固山宗次や細川正義などと共に、最も人気のある刀工の一人。体配は脇差ながら適度な反りを持ち、この時期はやりの古刀のような上品さ。刃文は独特で、大波を描いたような濤瀾刃風の乱れ刃文。谷間には丸い飛焼きを焼いて、波飛沫に見立てている。匂口は締まって刃中明るく、詰んだ小板目肌で鍛えは上等。茎は生ぶで裏年号も切られ、貴重な若打ちは長運斎の受領前。さすがに上作刀工だけあり、まったくスキがない仕立てで、総じて健全この上ない。煌びやかな金工拵は若松に鶴の図一作拵。赤銅七々子地鐔は水面に鶴が飛び、縁頭も同じく立体的。金地目貫鶴図も豪華で、象牙色の柄巻に相性が良い。鞘も状態良く、存分に贅沢をした拵はこれだけで相当な価値を持つ。刀身拵共に飾り映えのする一振。研ぎ上がり。保存刀剣鑑定書附。


過去に掲載された日本刀一覧へ戻る


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る