HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > 脇差 /(菊紋)備中守橘康広

日本刀・脇差・(菊紋)備中守橘康広 - Japanese Sword Kikumon Tachibana Yasuhiro -  »Mail

銘/(菊紋)備中守橘康広

Wakizashi (Kikumon)Bichu no kami Tachibana Yasuhiro

長さ
55.8cm
反り
0.8cm
目釘穴
2個
元幅
3.0cm
先幅
2.2cm
元重
0.65cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
摂津(大阪府)
刃文
丁子乱れ
地鉄
板目
帽子
小丸
生ぶ
はばき
銀無垢に金鍍金
外装
白鞘
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

本国は紀州、後に大阪へと移住し大阪石堂の礎を築いた業物刀工。石堂と言えば備前一文字のような丁子乱れ刃文が有名で、本作もその典型的な刃文が目を引く。匂い出来の丁子刃文には金筋が働き高低差があって大変華やか。地鉄は板目に多少柾目が交じって、帽子は小丸に返る。この時代を象徴した反り浅い体配で、脇差としては長い1尺8寸は見応えも十分ある。菊紋が掻かれた生ぶ茎で、錆色も良好。保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る