日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 菊紋)備中守橘康広  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  菊紋)備中守橘康広  ¤  中上作・業物  ¤ 

菊紋)備中守橘康広

Katana /
(kikumon) Bichu no kami Tachibana Yasuhiro

長さ / cutting edge
70.7cm
反り / sori
1.5cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.1cm
先幅
2.3cm
元重
0.65cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
丁子乱れ
hamon
choji midare
地鉄
小杢目
jigane
komokume
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂刻鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold

備中守橘康広は紀伊国に生まれ、後に大坂に出て大坂石堂を代表する業物名工。備前一文字の丁子刃文を得意とし、時として本歌一文字に紛れるほどの器量で一世を風靡してる。本作はその典型的な丁子刃が冴え、観るものを引きつける優刀。身幅しっかりとし研ぎ減りなく、2尺3寸3分と頃合いの長さ。地景絡んだ小杢目肌にはうっすらと映りが上がって古作な雰囲気。一文字の如く匂い本位の丁子乱れは高低差があって見飽きず、無数の小足に金筋交じってとても華やか。生ぶ茎に堂々とした鏨で銘を切り、裏には刻印のような菊紋がしっかりと切られる。総体的に欠点もなく、典型的な石堂を楽しめる。拵は黒刻み塗りの鞘が渋く、多少補修痕はあるが時代感がよく上品。艶の良い赤銅七々子の縁頭には水草の河骨図が上手に描かれ、同柄の目貫は通常の倍ほどあって迫力。鍔は赤銅七々子地に桃の花が咲き乱れ、凝った切羽で柄回りはとても豪華。拵だけでも相当の価値があり、とても飾り映えする。特別保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・備中守橘康広・拵 日本刀・画像・備中守橘康広・刀身全体 日本刀・画像・備中守橘康広・茎 表 日本刀・画像・備中守橘康広・茎 裏 日本刀・画像・備中守橘康広・ハバキ元 表 日本刀・画像・備中守橘康広・刀身 表 日本刀・画像・備中守橘康広・切先 表 日本刀・画像・備中守橘康広・ハバキ元 裏 日本刀・画像・備中守橘康広・刀身 裏 日本刀・画像・備中守橘康広・切先 裏 日本刀・画像・備中守橘康広・地鉄 日本刀・画像・備中守橘康広・刃文 日本刀・画像・備中守橘康広・刃文 日本刀・画像・備中守橘康広・刃文 日本刀・画像・備中守橘康広・刀身 日本刀・画像・備中守橘康広・柄前
柄糸は発色よく写っているが、本来渋い茶色の柄巻きです
日本刀・画像・備中守橘康広・刻み鞘 日本刀・画像・備中守橘康広・刀装具 日本刀・画像・備中守橘康広・小尻部分 日本刀・画像・備中守橘康広・白鞘

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫