" 日本刀・備州長船康光(金工拵) |日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > 脇差/備州長船康光

日本刀・脇差・備州長船康光 - Japanese Sword SUKENAO -

表銘/備州長船康光 裏銘/応永廿一年十月日

Signature / Bishu osafune Yasumitsu / Oei 21 nen 10 gatsubi

長さ
42.6cm
反り
1.1cm
目釘穴
1個
元幅
2.6cm
先幅
1.9cm
元重
0.55cm
時代
古刀 応永二十一年(1414年)
備前(岡山県)
刃文
互の目丁子
地鉄
板目
帽子
小丸
生ぶ
はばき
金鍍金一重
外装
黒呂色鞘四分一地金工拵(小柄・鍔一作)・上白鞘
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

室町始め、俗に言う「応永備前」は南北朝期の豪壮な体配から、再び鎌倉期の太刀(古備前や長光など)を手本としてその優麗な名刀を写しだすが、その中でも双璧、康光と盛光は代表工。ちょうどこの頃は太刀から刀へと移行した時期で、武士は大小の刀を差すようになり“脇差”という概念はこの応永備前が先駆けとなっている。応永二十一年の年期からも初代康光、右衛門尉とわかる本作は典型的な作で、小沸出来の互の目丁子刃文に板目肌詰み、うっすらと映りも上がって見応えは十分。太い棒樋に添樋が掻かれて、疵気ほとんど無い優品。茎は生ぶのまま残り、銘振り、錆色とほぼ完璧といえる。鍔、小柄は一作で“細野惣左衛門政守”と銘が入っている。細野政守は四分一磨地の刀装具に、平象嵌毛彫りの繊細な鏨法で、洛中洛外の風俗を描くことで有名。本作も例にもれず清水寺参拝の光景が所狭しと描かれている。縁頭は四分一磨地に高彫で人物図、目貫は赤銅枝桜となっている。柄糸を補修しているが鞘など状態は良く、この拵だけでも相当の価値がある。金工拵をあつらえた備前康光は、愛刀家垂涎の的。上研磨済、上白鞘入。特別保存刀剣鑑定書附。


過去に掲載された日本刀一覧へ戻る


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る