日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 丹波守吉道  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  丹波守吉道  ¤  Tanba no kami Yoshimichi  ¤

丹波守吉道

Wakizashi/
Tanba no kami Yoshimichi

長さ / cutting edge
52.0cm
反り / sori
1.6cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.9cm
先幅
2.1cm
元重
0.6cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
すだれ刃に菊水刃
hamon
sudare kikusui
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銅一重
habaki
cupper single
外装
黒叩塗鞘馬図拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

吉道と言えば真っ先に思い出すのが簾刃(すだれば)、類い稀なる独特の技術。直ぐの焼出しで始まり、淡い簾刃と 菊水刃、富士山を焼く掟通りの造り。本作、大阪丹波の二代。丹波守吉道は、丹波守吉道は京丹波(山城)と大阪丹波 (摂津)に分かれる。寛文新刀とはいえ体配良く、手頃な長さに反り深く、小丸の帽子は焼き深く、疵気ない小板目肌 も良く鍛えられている。茎も生ぶでタガネ振りも文句なし。付属の拵は近代の作ながら金具はすべて江戸期。黒叩き 塗り鞘に柄糸は深緑。縁頭と目貫は黒々とした赤銅地馬図で揃え、鐔は渋い鉄地の括り猿。もちろん傷みは一切無い。 人気の高い大阪新刀ながら、拵と共に手頃に楽しめる価格。良業物。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・丹波守吉道、拵 日本刀・丹波守吉道、刀身 日本刀・丹波守吉道、茎 日本刀・丹波守吉道、ハバキ、刃文 日本刀・丹波守吉道、切先、表 日本刀・丹波守吉道、切先、裏 日本刀・丹波守吉道、簾刃、すだれば 日本刀・丹波守吉道、菊水刃 日本刀・丹波守吉道、刀身 日本刀・丹波守吉道、柄前、金具 日本刀・丹波守吉道、柄前、表 日本刀・丹波守吉道、柄前、裏

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る