HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > 脇差 /丹波守吉道

日本刀・脇差・丹波守吉道 - Tanba no kami Yoshimichi - 

銘/丹波守吉道 

Wakizashi / Tanba no kami Yoshimichi

長さ
40.0cm
length
反り
0.9cm
sori
目釘穴
1個
mekugi
元幅
2.75cm
先幅
2.0cm
元重
0.55cm
時代
江戸中期 正徳頃(1711年)
period
mid edo
山城(京都)
country
yamashiro
刃文
直小乱れ
hamon
sugu-komidare
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金銀着二重
habaki
gold and silver foil double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold-

丹波守吉道は初代が山城、次男が大阪で鍛刀を始めたことから、後は京と摂津の二本立てで吉道家は続く。本作は京の五代目である三品藤七郎で、正徳元年に丹波守を受領している。本作は僅かに湾れた直調の刃文に小足が無数に入った小乱れ刃。吉道としては落ち着いた趣で、地鉄は小板目肌。生ぶ茎には見慣れた吉道の銘が堂々と切られ、京丹波の証である菊紋が添えられる。鎬地に多少荒れもあるが地刃は健全で研ぎも十分。保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る