日本刀|十拳|HOME »刀剣研磨・諸工作

刀剣・日本刀の研ぎ・諸工作<Sword Polish>

刀剣研磨について

 日本刀にとって研ぎ・研磨などの工作は、最も気の抜けない大仕事です。研磨の善し悪しで、名刀が見る影もなくなったり!逆に今ひとつだった地鉄が生き返ったりと、研磨の重要性は刀選びと同じぐらいと言っても過言ではありません。十拳-tokka-ではその重要性を踏まえ、一振一振に合った最良の工作を行います。「研ぎで刀は変わる」ことを実感してください。

日本刀 研磨
研ぎ場の様子です。刀一振を研ぐのに14工程もの作業があります

日本刀 研磨 下研ぎ
下地研ぎの状態=荒砥、備水砥で刀の形を整えます。
研磨においてもっとも大事で、また難しい部分です

日本刀 研磨  中研ぎ
中研ぎの状態=曇砥をかけて刃文がみえてきました。
このあと仕上げ研ぎをして刀本来の美しさが蘇ります

工作について

二尺三寸(69.7cm)の定寸で並研ぎ・白鞘・銀ハバキの一式で約20万円位とお考えください。
研ぎ代の計算方法は「並研ぎの例:69.7cm÷3.03cm=23(2尺3寸)×6,000円=138,000円」
拵作成・柄巻きなど、多数職人を揃えております。御遠慮なくお問い合わせ下さい。

工作ご依頼方法

① まずは事前にご連絡を頂き、長さや彫物の有無をお知らせ下さい。
② おおまかなお見積もりをいたします。
③ お近くの方は→ 品物を持参ください。 遠方の方は→ 宅急便等で弊社にお送り下さい。
※登録証も忘れずに同封してください。
④ 品物を拝見させていただいた後、正式なお見積もりをいたします。
⑤ 工作内容・見積金額を記載した「預かり証」を発行いたします。

工作代金

代金は工作終了後、御刀の引き渡し時となります。ご遠方の方は終了後にお知らせし、お振込確認後に発送いたします。
※工作代金につきましては性質上、クレジットカード・ショッピングローンがご利用いただけませんのでご了承ください。
※弊社からの返送は着払いとなります。(1,200円~2,000円位)

刀剣研磨
脇差 短刀
並研磨 6,000円/寸 6,000円/寸 75,000円/振
上研磨 10,000円/寸 10,000円/寸 100,000円/振
最上研磨 15,000円/寸 15,000円/寸 200,000円/振
白鞘製作
38,000円 60,000円

白鞘製作は刀の種別を問わず一律料金。上製白鞘は鯉口・短冊・目釘が角製です。
つなぎは白鞘同時製作で1万円です。

はばき製作
銀無垢一重 銀無垢二重 金着せ一重 金着せ二重
30,000円 45,000円 65,000円 80,000円

※金着はばきは参考価格です。地金相場の変動により変更がございますのでご了承ください。

拵製作
居合(金具すべて含む) 上(金具含まず) 最上(金具含まず)
130,000円~ 160,000円~ 250,000円~

※2尺4寸5分以上は割増しとなります。製作期間は3~4ヶ月です。
その他、細かなご要望にお応えします。

ページの先頭に戻る